マネーハッカー! > 資産運用 > NISA > 期間限定の減税口座・…

期間限定の減税口座・NISA口座を「活用する」際の注意点

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PPC_1manensatu4mai-thumb-1000xauto-13538 (600x400)
 
NISA口座が始まって2年目ですが、みなさん口座開設はお済みでしょうか?
今のところ、NISA口座は期間限定の減税口座です。早く始めた方がおススメです。
 

NISA口座とはどんな口座?

NISA口座とは、銀行(ゆうちょ銀行を含む)や証券会社などで開ける口座の1つです。既に普通預金口座を持っている銀行や、特定口座を持っている証券会社にも口座を持つことが可能です。
 
もちろん、今まで口座を持っていなかった金融機関でも口座は開けます。必要な手続きは基本的に住民票で今年の1月1日に日本に在住の人の成人なら誰でも口座開設が可能です。
 
NISA口座がどんな口座かというと、一般には金融投資で得た利益には20.315%の所得税・住民税・復興特別税がかかりますが、NISA口座なら税金が一切かかりません! 利益が出たら出た分だけ、あなたの資産が増えるというお得な口座です。
 
ただし、2015年までは1年間に100万円までしか投資できませんが、2016年からは成人(20歳以上)は上限が120万円、子供名義の口座も作れるようになり、その上限が80万円になります。
 

いざ投資というとき、あなたはイケイケ派?それもとオズオズ派?

投資する場合、人の性格が良く表れます。投資=ギャンブルと考えれば納得できるのではないかと思います。例えば、麻雀などではその人らしい上がり方をするものですよね。
 
投資でも一寸先は闇の世界です。株が上がるか下がるか、投資した投資信託が人気が出て価格が上がるか、神のみぞ知ると言っても良いのではないでしょうか。
 
イケイケ派の人は、売買で伸びしろのありそうな株式を物色して短期間で売買したいのではないでしょうか?
オズオズ派の人は、自分で株式や債券を選ぶより、投資信託など比較的乱高下しない商品を選択するのではないでしょうか?
 
では、NISA口座にはどんな投資のスタイルが向いているかというと、NISA口座は短期間に売買を繰り返すのには向いていない口座です。1年間に2016年から120万円投資枠ができると言っても、一度NISA口座で使った金額分の枠は売却しても年内には取り戻せないからです。
 
結論を言えば、コツコツと買っていく積立式の投資が、NISA口座そのものにも、投資初心者にも向いている投資ではないかと思います。
 

コツコツ投資する意義

今、投資熱が沸いている状態です。もう少し待てばもっと上がる!と信じたいですが、ちょっと厳しい見方をすると、コイン投げで言えば毎日コインを投げてずっと表が出ているのが今の日本経済の現状です。
 
円安がこれ以上進めば、輸入に頼っている資源や食品などは高騰して、企業の業績と一般の人の懐を直撃するでしょう。しかし円高に戻っても、輸出企業がやっと一息ついたと思っているのにデフレ時代の業績に逆戻りしそうです。
 
世界経済全体も不安定です。ユーロもギリシャのような小国の財政の傾き1つで大きく揺れ動きます。中国もGDPの伸びは日本よりはるかに大きいですが、その失速ぶりに中国自体が当惑して手立てを考えあくねているようです。また気候不順という農作物の不作につながる要因が、毎年どこかの国で発生しています。
 
このように世界の中の日本を取り巻く環境も、日本自体も不安定要因が多すぎる状態の中での投資は、なるべくリスクを分散して毎月一定額を買い付ける投資信託の積立方式での購入や、株式もまめ株やミニ株などの、単位株数以下の金額で積立式で購入することがおススメです。
 
ただし、株式の積立式の買い入れはNISA口座対象外の証券会社もあるので、口座開設する前によく検討しましょう。
 
 
Source:日本証券業協会

カテゴリ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top