今だからこそ知っておくべき「堅実投資」のすすめ

堅実投資
 
資産運用の方策については、どの時期においても盛んに議論されています。特に経済の安定しない現代においては、社会動向を見極め、最適な運用方法を常に模索していく必要があるでしょう。
 
2015年、経済の不安定さに面しているのは欧州ばかりではなく、隣国である韓国、中国の経済停滞傾向、定期的に訪れるロシアの通貨危機…など、2015年は世界経済にとって危機的とは言わないまでも、”静かに忍び寄る激動”と言える年です。
 

堅実な方法で利益をあげる「堅実投資」で運用する

 
これらの事情から、国内で資産運用を行う場合、今年に関してはいま一度目先の利益を得ることよりも、中・長期的かつ堅実な運用方法について学んでおきたいところです。いわゆる、「堅実投資」という手法です。
 
堅実投資とはその名の通り、堅実な方法を採択し、中長期的に利益をあげることを目的とした投資です。
 
この概念自体は目新しいものではなく、シンプルに言いかえれば「ハイリスクハイリターンの取引を避け、長期的な利益取得を目的として、ローリスクローリターンを採択すること」となります。
 

自己負担して構わない金額を安定した対象に投資する

 
では、実際にはどのように行うのか。「堅実投資」では、資産を借り入れるというよりも、「自己負担して構わない」と思える金額を比較的安定している対象に投資するのです。
 
株式投資に限って言えば、安定株や優良株を狙う。不動産運用を広義に投資と捉えるならば、借入金無しでマンションを購入し運営する、といったものがあります。
 
リスクが少ない分、毎月何百万もの収入を得ることは、元資金が莫大でない限りは難しいですが、このような堅実運営を複数重ねることで、毎月安定した一定の収入を得ることが可能となります。
 
安定収入を見込む堅実投資と、日毎の変動を見込むデイトレ等を併用するなど、他の投資と組み合わせ、より良い資産運用を目指すのが賢明です。
 
 

カテゴリ :
タグ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top