マネーハッカー! > 貯蓄方法 > 家計簿 > レシートを読み込むだ…

レシートを読み込むだけで即記録!便利な家計簿アプリ3選

家計簿
節約をする上で、ほとんど必須といっても良いのが「家計簿」の存在です。今月はいくら使ったの?貯金は今どのくらい?どこを節約したらいい?そんな疑問を解決するには、毎月の収支をきちんと記録し、何にいくら使ったのかを把握する必要があります。
 
しかし、紙の家計簿をつけてみても全然続かず、三日坊主になりがちです。つい後回しにして記録したかった内容を忘れたり、レシートが行方不明になったり、家計簿をつけるのって結構大変。
 
そこで、便利なのが家計簿アプリです。いつでも持ち歩いているスマートフォンで家計簿をつけるため、その場で記録することができ、記入漏れが激減。さらに、レシートを読み込むことで自動的に買い物の情報を記入することもできます。手書きやパソコンで後から家計簿をつけるよりも、大きく手間が省けるため、三日坊主でも継続しやすいんです。
 
そんなわけで今回は、特にオススメの家計簿アプリを3つ紹介します。

300万人が愛用する『2秒家計簿”おカネレコ』

おカネレコ
簡単に支出が記録できる家計簿アプリ『2秒家計簿”おカネレコ』。多くのメディアで紹介され、このアプリではじめて家計簿を続けられた!と言う声もある人気アプリです。
 
使い方はとってもシンプルで、金額とカテゴリを入力して登録するだけ。それすらも面倒なズボラさんのために、レシートを撮影して読み込むことで家計簿に反映する機能もついています。驚くほど簡単なので、実際に読み込むところをご覧ください。
 

 
この機能は本来はプレミアムアップグレードが必要ですが、1ヶ月は無料で試すことができるので、使い勝手を試すことも可能です。
 
おカネレコが人気の理由は、ユーザー登録などが不要の手軽さです。銀行の残高との連携などはできませんが、その代わり誰でもすぐに始めることが出来るのがポイントです。プレミアムアップグレードをすればエクセルに出力することもできるため、食費や雑費などの支出だけアプリで記録して、それ以外はPCで管理するといった方法もとれますよ。
 


 家計簿アプリおカネレコ

 App Store / Google play

 
 

完璧な家計簿を自動作成『家計簿マネーフォワード』

 マネーフォワード
家計簿マネーフォワード』は、細かな設定、便利な機能が特徴の家計簿アプリです。レシートを読み込む自動読取機能はもちろんのこと、様々な情報から全自動で家計簿を作成することができます。
 

あらゆる面倒な作業が自動化!

 
連携しているサービス数は1800以上で、銀行口座やクレジットカードを連携すると、全自動で家計簿を作成してくれるのです。また、携帯キャリアからの支払いや、電子マネーの入出金なども連携させることができるため、ほとんど自分で入力する必要がありません。
 
クレジットカードを登録して普段の買い物で使っていれば、レシートの読み込みすら必要なく、また買ったものは自動で食費や光熱費などに分類されていきます。対応外のものを買うこともあり、その入力を忘れそうでも、付け忘れ防止アラートで毎日家計簿を開く癖をつけることも可能です。
 
連携しているサービスの豊富さが群を抜いているので、カード払いやポイントカード、電子マネーを利用する人はぜひ「全自動」の楽さやすごさを体感してみてください。
 


 家計簿マネーフォワード

 App Store / Google play

 

ユニークな機能がいっぱい!『続く家計簿レシーピ!』

レシーピ1
続く家計簿レシーピ!』は、主婦にとって嬉しい機能が搭載された家計簿アプリ。ほかの家計簿アプリとは一風変わった面白い機能が特徴です。
 
家計簿としてのスペックは十分すぎるほどで、レシートの読み込みはもちろん、銀行口座やクレジットカードごとの収支も記録することができます。まずは動画をご覧ください。
 

 

レシーピ独自の機能がおもしろい

レシーピ2
そして最大の特徴が、買ったレシートの食材からレシピを提案してくれる機能がついていること。毎日の夕食のメニューに頭を悩ませることはもうありません!つい特売で買ってしまったけど、この食材どうしよう……ということもなくなり、無駄なく料理に使い切ることができます。
 
さらに、家計簿をつけていくと「ごほうび」が貰えるおまけモードも。貯金をしていけば可愛いイラスト入りのスタンプバッジが入手できるので、ゲーム感覚で家計簿を攻略するのもアリ!まずは試してみてください。
 


 続く家計簿レシーピ!

 App Store / Google play

 

アプリで家計簿をつけて節約癖を養おう

以上、3つの家計簿アプリでした。レシートの読み取りは本当に便利で、時間の節約にもなります。お店のレシートを断る癖がついてしまった人も、これからはレシートを保管していきましょう。
 
また、運営会社では厳重な管理をしていると記載していますが、アプリの中には銀行口座やクレジットカードのログイン情報などと連携できるものもあります。管理は楽になる反面、万が一漏洩した際はリスクも有ることを理解した上で、機能を絞って使うか、全部自動で記録するのか検討しながら使いましょう。
 
どうしてもリスクが怖い!という場合は、金融機関との連携機能がないシンプルな家計簿アプリを使ったり、アプリは補助的な扱いにして、メインはPCの家計簿やExcel、手書きの家計簿にするのも1つの方法です。
 
節約はお金の流れを知ることからはじまります。自分の得たお金、使ったお金をきちんと記録し、どこを絞ればいいのか、どうしたら貯蓄が増えるのか、家計簿をつけることで考える手助けにしていきましょう。

カテゴリ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top