国内免税店の利用法!海外へのお土産は免税店でお得に

空港
日本に観光に来ている外国人が年々増えています。街中では、免税店のお店を多く見かけるようになった気がします。
 
外国人観光客にとってお得な免税店ですが、実は私たちが利用してもお得になる事を知っていましたか?そんな国内免税店のお得な利用方法を紹介します。
 

そもそも免税店とはどういったものなの?

外国人観光客が、日本各地でお土産を購入するニュースを見ます。最近では「爆買い」という言葉ができるほど、大量にお土産を購入される人もいるようです。
 
通常、商品を購入すれば消費税がかかってきますが、「免税店」の許可を受けたお店で購入すれば、消費税が免除されます。免税店の許可をもらうには、税務署に申請する必要があります。免税店には、一目でわかる「Tax-free Shop」という表示あるのでわかりやすいと思います。
 

日本人が免税店で買い物をしてもお得になる!

日本人が海外の友人にお土産を渡す場合、やっぱり日本製の商品を渡したいものです。そんな時に「国内免税店」で買い物をするのです。
 
ただし、1アイテムが1万円を超える商品が対象になるので、家電や化粧品が中心になるのかもしれません。買い物の総額が「1万円」を超えれば、「免税」と思い込んでしまう人もいるようなので、注意しましょう。
 

免税店で購入するだけで免税になるの?

免税店で購入しただけでは免税にはなりません。前記した1アイテム1万円以上の商品の他にも、いくつかのポイントがあります。
 

  • 購入者が輸出した事を税関が証明した「輸出証明申請書」
  • 対象商品を出国時に携帯し、再入国時に携帯しない、「購入者誓約書」
  •  
    これらの書類が必要になってきます。
     
    外国人観光客は、パスポートをお店に見せるだけで免税になりますが、日本人が同様の恩恵を受けるには、少々面倒な手続きが必要です。海外に行く予定があって、高額なお土産を考えている方は、一度検討されてはいかがでしょうか?
     
     

    この記事をシェアする

    Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
    Top