そもそも金融商品って何?

資産運用 金融商品 
金融商品という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。では、金融商品とは、何か説明してくださいと言われると、言葉に詰まってしまう人が多いようです。何となく、株とか投資信託とか、リスクがある商品のことかな?そういった答えが多いようです。間違いではないのですが、正しく説明できているとはいえません。
 
今回は、様々な金融商品を紹介することによって金融商品とは何かを理解して、投資とは難しいものではなく、私たちの身近にあるものだということを知ってもらいたいと思います。
 

金融商品を一言で説明するなら

金融商品を一言で説明すると、銀行や証券会社、保険会社などが扱う商品のこと。となります。例えば先程、書かれていた株や投資信託は証券会社などが扱っている金融商品です。一方、銀行が扱っている金融商品は何か?代表的なものは「預金」です。驚く人もいると思いますが、預金も立派な金融商品になります。
 
また、保険会社の保険も金融商品です。そして、国債や社債などの債券も金融商品です。もちろん外貨投資なども金融商品なのです。金融機関で扱われている商品には様々なものがあります。

大きく2つに分けられる金融商品

預金が金融商品だと知って驚く人もいるでしょう。自分には難しそうだし、損はしたくないから金融商品なんて無縁だと思っていた人もいると思います。しかし、自分が意識していなくても私たちの生活には、様々な金融商品が関わっているのです。様々な金融商品があることを紹介しましたが、金融商品には大きく分けて2つの性質を持っているものに分類することができます。
 
まず、預金や保険のように自分の資産を防衛するための金融商品。もう一つは、リスクを引き受け資産を増やす為に投資する金融商品。株式や投資信託はこちらの部類の金融商品になります。どちらの金融商品が優れているといった問題ではありません。自分の資産を守り増やしていく為には、どちらも必要な金融商品となります。
 

投資は身近な存在

自分の資産を把握して、どのようなバランスが理想か一度見直してみるのが大切です。その際に、金融商品とは自分にとって身近な商品だということを思い出し、数ある金融商品の中から、いくつかをピックアップして比較してみると勉強になります。

カテゴリ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top