40歳以下でリタイアするための近道とは?

リゾート
「早期リタイア」、多くの方が憧れているのではないでしょうか。現在30歳であれば、10年後の40歳でリタイアを目指してみませんか?そのためには、節約と投資で資産を作る事は必須です。
 
40歳以下でリタイアするためのヒントを紹介します。
 

ゴールを設定して、長期的視点を持ちましょう

目標を持ち、ゴールを決めれば、嫌な仕事にも耐えられるというもの。ゴールはひとつだけに絞り、それに向かって計画を立てましょう。
 
計画が長期的になればなるほど、モチベーションが下がってしまいます。長期計画から中期・短期と身近な計画まで落とし込むことで、モチベーションを持続させるのです。時間的な視野を広く持ち、しっかりとした計画を立てて、コツコツと行動することが大切です。
 

収入源はひとつでも多くする

金融資産から得られる配当や利息は、リタイア後にも大きな味方になります。現在金融商品をお持ちでしたら、運用利回りを少しでも良いものに、調整するように心がけましょう。
 
ポイントはリスクが少なく、計算できる収入が得られる金融商品を選びましょう。そういった意味では、不動産収入や、ネット副業も考えられそうです。ひとつでも多くの収入源を確保することで、リスクを減らしましょう。
 

日々のお金の流れをチェックする

あなたは、日々どのくらいお金を使っているのか、ご存知ですか?給料などの収入部分はすぐに把握できますが、支出となれば、細かくチェックする必要があります。支出をしっかりと把握することで、無駄な買い物や外食を控えるようになり、自然と貯金ができるようになります。
 
お金を使う事にも優先順位をつける事が大切です。特に気をつけるのは、クレジットカードの使用です。クレジットカードの後払いは、「借金」であり「利子」がつくのです。「利子」は最も不要な支払いである事を自覚しましょう。
 

まとめ

40歳以下でリタイアするには、「普通」では実現できません。
 
支出を極力減らす努力をする。外食せずに料理を作り、家の修理や散髪も自分でするなど、できるだけ「自分」でしてみる事が大切です。わからない事は、インターネットで検索すれば、大抵の事はわかります。
 
小さなことをコツコツと実践していけば、今までなかった新しいスキルが身につき、何でも自分でやってみる意識が高まります。リタイアするには必要なマインドではないでしょうか。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top