マネーハッカー! > 保険 > 生命保険 > 終身保険はもはや不要…

終身保険はもはや不要?保険のメリットとデメリットを知る!

保険見直し
「終身保険の見直し?私には関係ない!」そう思っていませんか?
 
最近、終身保険から定期保険に切り替えている人が多いのはご存知でしょうか。切り替えをする人が増えているのには当然理由があります。終身保険のメリットとデメリットを理解して、自分には関係ない!と思われているあなたも、この機会に一度見直してみてはいかがでしょうか。
 

生命保険の型を知っていますか?

生命保険の種類といっても基本的には二種類しかありません。
 
一つは掛け捨て型保険と言われる「定期保険」。保険料を支払う期間がすぎれば、それ以降の保険金は支払われない保険です。掛け捨てタイプなので、契約終了となっても「満期」お金は戻ってきません。「定期保険」には「満期」はないからです。
 
もう一つは積み立て型保険と認識されている「終身保険」この保険は名前の通り、保険料支払いの期間が過ぎても、保険金は支払われます。さらに期間途中の「解約」でもお金は戻ってきます。
 

定期保険のメリット・デメリットを知る

定期保険(掛け捨て型保険)のメリットと言えば、保険料の安さにあります。条件などのオプションによって支払う保険料は変わりますが、基本的な保険料は3,000円以下で加入できる保険があるほどです。そのため、保険料の魅力から定期保険を選ぶ人が増えています。
 
逆にデメリットは、掛け捨てのため、貯蓄性は全くありません。さらに、定期保険には「更新」が一般的で、更新時の年齢により、保険料が高くなる場合があります。
 

終身保険のメリット・デメリットを知る

終身保険のメリットは、前記でもあるように、いつかは保険金が支払われること、そして「解約」に応じてお金が戻ってくることです。定期保険と違って保険料が変わる事はありません。
 
逆にデメリットは、保険料が非常に高く長期の契約となるので、将来のインフレに対応しにくい点があげられます。以前は「貯金の代わりの積み立て」との意識があり、多くの人が終身保険を選択していました。しかし、低金利が続く昨今、積み立て型の保険はお金を増やすという目的には向かないと思います。
 

まとめ

保険の見直しは、被保険者の年齢や子供を含めた家族構成など、「今の保険が将来の保証額に見合うかどうか」の見定めが大事です。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top