マネーハッカー! > 資産運用 > 不動産投資 > 税金に詳しくなって節…

税金に詳しくなって節約しよう!不動産投資にかかってくる所得税とは?

投資、不動産

不動産と税金

不動産投資はサラリーマンの財テクとしても広まっていますが、不動産投資で得られた不動産所得にも税金はかかってきます。不動産所得は総合課税ですので、サラリーマンならば給与所得などの所得と合算して所得税がかかります。この際のポイントが累進課税が適用されるということです。不動産投資で稼げば稼ぐほど税率が重くなってきますから、注意しないといけません。
 
また、サラリーマンの財テクとして不動産投資をする際にも、毎年の確定申告は必要になってきます。不動産投資の確定申告は最初は面倒ですが、一度やってしまえばすぐに慣れるので心配はいりません。

不動産投資で節約できる?

不動産投資は税制上のメリットもあります。不動産投資は経費として色々なものを計上できますから、場合によっては所得税額を減らすこともできるのです。
 
例えば不動産投資の経費としてよいものとして、土地や建物の固定資産税消費税修繕費等が計上できます。他にも管理組合の管理費といったものも必要経費になります。
 
おまけに共用部分の水道光熱費なども必要経費として認められますので、居住している住宅の一部を貸しているといった場合には、必要経費として色々なものが計上できるのです。しかし、住民税や借入金の元本返済部分といったものは必要経費の対象にはなりませんから、気をつけてください。
 
不動産投資をしても入居者が来なくて失敗するかも、と考えている人でも、こういった必要経費として計上できる項目を知っておくことで、第一歩を踏み出しやすくなるでしょう。

不動産投資をするには他にも色々な税金がかかる

不動産投資をする際には、不動産取得税や登録免許税、固定資産税といったものがかかります。こういったものは必要経費として計上できます。
 
また、不動産所得は居住用の物件を貸し出す場合、消費税がかかってこないこともポイントです。事業用のオフィスなどを貸し出す際でも、賃料が年に1000万円以下であれば、消費税はかかりません。
 
このように不動産投資ならではの魅力もありますから、消費税の増税に備えて不動産投資をしてみるのも良いでしょう。

カテゴリ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top