マネーハッカー! > 年金 > 確定拠出年金(401… > 専業主婦も加入できる…

専業主婦も加入できる!?個人型確定拠出年金は2017年に拡大予定

確定拠出年金 401K
 

拡大される個人型確定拠出年金

自営業・フリーランスや、勤務先が確定拠出年金に加入していない会社員が個人でかけることのできる「個人型確定拠出年金」。
 
2017年1月から加入できる対象が拡大され、公務員や専業主婦も加入できる予定となっています。
 

個人型確定拠出年金のメリットとは?

確定拠出年金は老後の資産形成のために、毎月一定額を預金や保険、投資信託で運用する制度です。
 
最大のメリットは、積み立てたその掛け金の全額を課税所得から差し引くことができること。つまり、所得税や住民税の節税ができるんですね。
 
通常の投資信託を運用しても、この節税効果は得られません。
 
60歳になるまで運用したお金を受け取ることができませんが、もともと老後資金のために投資をしている人であれば問題ないので、活用しない手はありません。
 

専業主婦も節税メリット?

法改正が行われると、現在加入できない専業主婦なども加入できるようになります。
専業主婦には節税は関係ないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、実は関係あるケースがあります!
 
扶養の範囲内でパートなどをしている専業主婦が気にする、いわゆる「103万円の壁」「130万円の壁」。超えるか超えないかのボーダーラインにいる人は所得額が気になるところですが、確定拠出年金の掛け金を所得から差し引くことで所得額を引き下げることができます。
 
もちろん本来の目的である、老後の資産形成ができることも嬉しいですね。
 

もちろんデメリットも忘れずに

確定拠出年金は「投資」ですから、元本割れもあり得ます。慎重に、長いスパンで運用を考えましょう。
 
また、配偶者控除の見直しや年金制度の変更も考えられるので、2017年にどのような制度になっているかは不明です。
 
しっかりとその時の制度や経済情勢を考えて運用することを心がけましょう。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top