マネーハッカー! > 貯蓄方法 > 資産管理 > 銀行の利息に対して不…

銀行の利息に対して不満を感じている人に知っておいてほしい国債という選択肢

資産運用 国債
 
景気は回復に向かっていると言われていますが、いまだに将来に対する不安が消えることはありません。高齢化社会、少子化問題、消費税の税率アップなど不安は消えるどころか、日毎に膨らんでいるように感じている人も多いことでしょう。
 
そんな状況では、銀行に預けているだけでいいのだろうかと考えてしまいますよね。かといって、投資に対しては二の足を踏んでしまっている。そんな人に知ってもらいたいのが、国債という選択肢です。
 

国債とは?

国債とは、国が発行する債券です。わかりやすく言うと、国にお金を貸しているという証書のことです。
 
国を運営していく為には多額のお金が必要です。
 
国は税収などでは足りないお金を集めるために債券を発行します。収入だけでは足りないので、借金をするのです。借金相手には銀行や証券会社、それに保険会社などがあります。その債券を銀行や証券会社から個人が買うことができるのです。
 
簡単にいうと個人でも国にお金を貸すことができるわけです。貸すということは、当然利息を受け取ることができます。
 
国債には満期が設定されています。満期5年の国債であれば、5年後に貸していたお金(国債の価格)が返ってきます。この期間にはいくつかの種類があります。それぞれ期間と利率に違いがあります。
 

国債はリスクが低い金融商品

国債は、株やその他の投資商品に比べて、かなり安全性が高い商品といえます。お金を貸している相手は日本国なのです。
 
確かに、リスクはゼロではありません。しかし、リスクがゼロということは、基本的にはリターンもゼロということになります。それにリスクはゼロではありませんが、5年後に日本が破綻している確率はかなり低いものと思われます。
 
それならば、銀行に預けて雀の涙程度の利息を受け取るよりも、通帳の中の何割かで国債を買って、その利息を受け取る方がいいはずです。
 
それでも、不安を感じるならば、満期1年未満の短期国債という選択肢もあります。
 

収入源を増やしていく

これからの時代、いかに収入源を増やしていくかが大切になります。何が起きても大丈夫なように、早めに準備をしておくことが大切になってきています。
 
まずは、国債で新しい収入を得てみませんか?
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top