マネーハッカー! > お金のエトセトラ > 手順解説 > あなたは大丈夫?クレ…

あなたは大丈夫?クレジットカード被害と対策法

クレジットカード被害
 
若い方から年配の方まで、クレジットカードを使って買い物をする方が多くなってきました。そんな便利なクレジットカードですが、カードから情報を盗み取り、不正にカードを悪用する被害が増えています。被害の内容と対策法をお伝えします。
 

クレジットカード被害の内容は

クレジットカードの情報を悪用した被害は思ったより深刻で、2014年の不正使用による被害額は106億円に上っています。(参考:一般社団法人日本クレジット協会調査
 
被害の内訳として
 
・カードの盗難
・偽造カードによる被害
・番号盗用
 
メールまたは偽サイトに誘導して情報を入力させ、個人情報を盗みだす「フィッシング」と呼ばれる被害や、ウイルス感染によって情報を抜き取るやり方が一時期ネットを騒がせていました。
 

あなたのカードは常に狙われている!

最近では、EdyやSuica、おサイフケータイなどの機械的な接触を通さずに決済ができる「非接触型」カードの被害が報告されています。
 
カバンや財布の中に入っているカードから専用の端末機械を使用して、上記のような電子マネーの情報を盗むというもの。
 
信号などで立ち止まった時に、読み取り機を近づけるだけで読み取るというのだから驚きです。
 

早くするほど被害防止に繋がる!

このような被害を根本的になくす方法は「カードを持たない」こと。
 
しかし、カードを持たなければ、現金を持ち合わせなければなりません。
 
それに、クレジットカード特有のポイント付与カード限定割引など、クレジットカードの利便性を放棄するべきではないと思います。
 
クレジットカード持つ上での対策をキッチリしておけば、もし被害を受けたとしても最小限ですむのではないでしょうか。

暗証番号の管理を徹底する

クレジットカードに限らず、本人しかわからない暗証番号を管理することは基本です。
 
暗証番号を定期的に変更することで被害を事前に防ぎましょう。

明細は定期的にチェックする

クレジット会社から送られてくる明細には必ず目を通しましょう。
 
身に覚えがない明細が記載されていたら直ちにカード会社に確認しましょう。

盗難保険を活用する

対策ではありませんが、国内発行しているほとんどのカード会社には、盗難保険がついています。
 
その制度を利用すれば、被害にあっても保険が適用されるでしょう。
 
保険が適用されるには、期間が設けられていますので、保険会社に確認をとりましょう。
 

まとめ

どんな対策を施しても、「セキュリティーは絶対」ではありません。
 
便利になるほど、セキュリティーが難しくなります。
 
最後は自分自身で守る事が大切です。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top