マネーハッカー! > 保険 > 保険コラム > 個人賠償責任保険とは…

個人賠償責任保険とは?もしもの際の訴訟や賠償に備える方法を知ろう

保険、保険コラム

賠償額は高額になることも

日本も訴訟社会になりつつありますが、損害賠償を負ってしまった際にかかる負担は重大です。
 
例えば他人の車にコスって傷つけたという場合や、子供が乗った自転車が人にぶつかって怪我をさせた、といった際には訴訟となり、損害賠償を求められることがあります。
 
特に人身がからんだ訴訟の場合には賠償責任も高額になり、簡単に数千万円もの賠償責任が発生してしまいます。最近では億単位での損害賠償が発生したケースもあります。
 
昔は「お互い様」で済んだことも、最近ではそうもいかなくなっています。少しのことでも訴訟に発展すると多額の賠償責任を負うことが増えてきたのです。
 
こんな際に頼りになるのが個人賠償責任保険です。個人賠償責任保険は、共済や自動車保険に加入した際のオプションとして提供されることが通常です。保険料を払うと賠償責任が生じた際に、限度額1億円などを基準として保険金が支払われます。
 
こういった個人賠償責任保険は保険料も数百円程度ですから、とりあえず入っておくのがおすすめです。損害賠償がどういった形で発生するかは予想しきれませんから、余計な不安を抱くよりも保険料を数百円払った方が精神衛生上も良いでしょう。
 

もっと個人賠償責任保険について知ろう

個人賠償責任保険の保証外になる場合もあります。例えば喧嘩がその代表です。喧嘩による損害賠償は保証されない場合が多く、注意しないといけません。
 
また、車に乗っていて事故を起こした際の損害賠償も、個人賠償責任保険では保証されません。こういった賠償責任は自動車保険が対応しています。
 
また、保証範囲が広いのも個人賠償責任保険の特徴です。例えば、家族の1人が個人賠償責任保険に加入していれば、その家族も個人賠償責任保険の保証の対象になります。
 
このように個人賠償責任保険といっても、その対象には制限がありますからしっかりと規約を確認しておきましょう。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top