REX CARDに続き、「KAMPO STYLE CLUB CARD」も改悪へ

漢方スタイルクラブカード
 
高還元率カードのクレジットカードにサービス改悪の波が訪れています。
 
JACCSは「KAMPO STYLE CLUB CARD(漢方スタイルクラブカード)」について、2015年12月よりサービス改定を行うと案内しています。

還元率は1.75%から1.5%に減少、ボーナスポイント付与基準も改定

一般的なクレジットカードと比較して、かなり高い還元率を誇るカードとして著名な「KAMPO STYLE CLUB CARD」。月間の利用金額2,000円(税込)ごとに7ポイントが貯まるシステムで、その還元率は1.75%にのぼります。
 
しかし、JACCSは2015年12月請求分より、以下の2点のサービス改定を行うと案内しています。
 
漢方スタイルクラブカード
 
まず1つめのサービス改定が、通常ポイントに関する部分です。先の通り、2015年11月請求分までは2,000円(税込)ごとに7ポイントが貯まるシステムで運用されますが、2015年12月請求分からは2,000円(税込)ごとに6ポイントに改定されます。これは先日お伝えした「REX CARD」と同様のサービス改定ですね。
 
また、リボ払いのポイント付与は従来2,000円(税込)ごとに9ポイントでしたが、2015年12月請求分からは2,000円(税込)ごとに8ポイントに改定され、ポイント還元率は2.25%から2%となります。
 
漢方スタイルクラブカード
 
さらに、サービス改定の波は「ボーナスポイントの付与基準」にも及びます。年間3,500ポイント以上のポイントを獲得した場合、従来は500ポイントをボーナスポイントとして獲得できましたが、2016年2月以降は350ポイントしか獲得できないことになります。付与率が3割も減少してしまいました。
 
こうした高還元率クレジットカードのサービス改悪の裏側については先日解説しましたが、カードホルダーとしては残念でなりませんね。
 
 
Source:JACCS

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top