マネーハッカー! > 貯蓄方法 > 銀行口座 > 生活資金と海外旅行の…

生活資金と海外旅行のお金管理は、新生銀行にすべき3つの理由。

銀行
 
みなさまは普段、どの銀行口座を利用しているでしょうか。
 
給料が振り込まれるのが大手都市銀行だから、という理由で、日々の生活資金の管理についても、同じ銀行口座で行っていませんか?
 
大抵の大手銀行の場合、平日の時間外取引や休日の取引には手数料がかかり、さらに同じ銀行間であっても振込手数料が発生する場合がほとんどです。
 
お金を貯めるコツは、日々のちょっとした支出を減らすことから。本記事では、生活資金管理におすすめな「新生銀行」のポイントを3つご紹介します。
 
さらに、海外旅行によく行かれる方には特にオススメな理由もあります。ぜひチェックして下さい。
 

おすすめポイント①:ATM利用手数料が無料。コンビニのATMでもOK。

コンビニ
 

ATMの利用は、24時間365日手数料無料。

大手銀行とは違った、新生銀行の一番のメリットは、ATM利用手数料がいつでも無料、という点。
 
よく時間外手数料を気にして、会社の昼休みに銀行ATMへ駆け込んだり、休日の急な出費で、泣く泣く手数料を負担してお金の引出しをしている人を見かけますが、新生銀行なら心配無用。飲み会後の深夜の時間帯だろうが、旅行中の休日だろうが、いつでも手数料は無料なのです。
 

コンビニATMでも、もちろん無料。

 
「そんなこと言っても、私の町に新生銀行がない!」という方、安心して下さい。
 
新生銀行なら、コンビニに設置されているATMからの出金についても、なんと24時間365日無料になります。
 
今の時代、たいていの街には、セブン-イレブンやローソン、ファミリーマートなどはあるはず。そのどれかで引出をすれば、手数料をゼロにすることができるのです。
 

おすすめポイント②:他口座への振込手数料も条件付で無料。

お金
 

新生銀行同士なら、振込手数料はずっと無料。

新生銀行を利用している友人や家族への振込なら、いつでも何度でも、手数料は無料となります。
 
もし相手が新生銀行を利用していない場合、振込の頻度が多いなら、これを機に、振込先用として開設することを提案してみるのもアリでしょう。
 

他行でも、月1回~は振込手数料が無料。

 
「相手が新生銀行を利用していない」という場合や、「業者の指定振込先が新生銀行でない」という場合など、どうしても他行に振込をしなくてはならない状況もあるはず。ただ、そんな時でも新生銀行なら大丈夫。
 
なんと、最低月に1回までは、他行への振込であっても、手数料は無料なのです。さらに利用状況が指定条件を満たしていれば、最大10回まで無料の上限がアップします。
 

おすすめポイント③:国際ATMとしても利用可能。

海外ATM
 

年会費は無料。

海外旅行へよく行かれる方は、国際キャッシュカードという用途でも新生銀行をおすすめします。
 
よく、国際キャッシュカードを保持する場合、年会費が数千円かかる、という銀行がありますが、新生銀行ならもちろん無料。そのため、年に1~2回しか海外へは行かないという人も、とりあえず新生銀行の口座を持っておくメリットはあります。
 

出金手数料も無料。

 
さらにさらに、新生銀行なら、海外での出金手数料もなんと無料。1回数百円負担となる他行に比べ、大きなメリットとなります。
 
「出金手数料が気になるから、現地に着いたら、一度に大金を引き出す」というリスクのある行動をとる必要はありません。
 

今すぐ新生銀行を開設しよう。

新生銀行
以上3点が、生活資金と海外旅行のお金管理は新生銀行にすべきポイントでした。
 
「給料が振り込まれる口座を新生銀行に変更はできない」という場合は、例えば毎月給料日の翌日に一定額を新生銀行に移し替える、という運用をおすすめします。
 
毎月の生活費を把握し、その額だけ新生銀行に移動させれば、次の給料日までよほどの大きな出費がない限り、給料口座からの移し替えをせずとも、やりくりをすることができます。
 
それでは、いますぐ新生銀行に口座を開設しましょう!
 
 
Source:新生銀行

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top