節約は難しいことじゃない。まずはあなたの「ラテマネー」を無くそう!

カフェラテ
 
「ラテマネー」をご存知ですか?
 
毎日意識せず行っている小さな買物にかかる費用のことで、デヴィット・バック氏の著書『TheAutomaticMillionaire』に登場する言葉でもあります。これを省くことによって、長期的には莫大な額の資金を節約することができるというものです。
 

あなたのラテマネーは?

元々はラテ、つまりコーヒーに使うお金という意味でもあるこの言葉ですが、実際には様々な形のラテマネーが存在し、人によってその内訳は異なります。
 
特徴としては、「一度毎の金額が大きくない」「購入頻度が多い」ということが挙げられるでしょう。毎朝駅前の喫茶店で300円のコーヒーを飲む人、一週間に一度800円の雑誌を買う人、仕事の外回りで毎日150円のペットボトルを何本も買う人、など生活習慣で何気なく行っている購入から発生するお金がラテマネーです。
 
思い当たるものがある人も多いのではないでしょうか。これを意識せず続けてゆくと、顕著な場合は月末に「あれ、お金が足りない」ということにもなるわけです。

まずは「家計簿」をつけよう!

まずは、自分のラテマネーに当たる消費を知るために、家計簿をつけましょう。細かく内訳を書く必要はありません。一度でも「面倒臭い」と感じてしまうと続かない為です。大まかに、スーパーのレシートを纏めて「食品」とするぐらいでも良いでしょう。
 
今は便利なアプリも多数ありますが、おすすめは各所で紹介されているマネーフォワードです。金額を入力しカテゴリーを選択するだけで入力できる為、これなら負担に感じることは無いでしょう。そうしてまずは一月から数ヶ月家計簿をつけ、ラテマネーに該当する消費を見つけるのです。

ラテマネーを削るには?

そうして意識せず行っていた消費で失うラテマネーを家計簿から産出します。例えば平日毎朝300円のコーヒーを飲む場合、一週間で1500円、月に約6000円を消費していることになります。6000円を支払う時に感じる抵抗感は、毎日小分けで支払う300円の時には感じえないものです。従って自ら習慣を変える他に、これを抑える術は有りません。
 
難しいと感じるかもしれませんが、ちょっとの工夫で抑えられることもあります。コーヒーであれば、「自宅で淹れたものを保温瓶に入れて持っていく」「カフェに寄る時間を作らない」などの方法があります。そうして省いたラテマネーで、無理せず長期的に節約をしてゆきましょう。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top