マネーハッカー! > 節約方法 > 税金節約 > 意外と知られていない…

意外と知られていない!?特定支出控除でスマートに税金の支払を少なくしよう

税金 節約
 

特定支出控除って?

サラリーマンをしている人にあまり知られていないのが特定支出控除です。これは大変便利な控除なのですが、有効活用されているとはとても言えません。
 
特定支出控除は、サラリーマンならば誰でも利用できる控除である基礎控除額の半分を「特定の支出」が超過した際に、「特定の支出から基礎控除額の半分を引いた額分」の控除を受けられます。
 
特定の支出の例として、例えば転勤にかかる転居費用、仕事に使うスーツ代といったものが対象になります。ほかにも、接待費や交際費といったものまで経費として認められますからその範囲はかなり広いと言って良いでしょう。
 

特定支出控除は平成25年から強化された!

そんなお得な特定支出控除ですが、あまり知られていないのは最近になって法改正されるまで、特定の支出として認められるものが少なかったからです。
 
これが平成25年に法改正されて大幅に使いやすくなりました。例えば法改正後は資格取得のための書籍代といったものや、仕事に必要な図書や衣服なども、特定の支出として認められるようになりました。得意先の接待費用も認められるようになったのも大きいでしょう。
 
法改正前は、基礎控除額の全額を超えなければ特定支出控除は受けられなかったということもあって、利用する人が少なかったのです。
 

実際に特定支出控除を利用する際には?

特定支出控除を実際に利用する際には、必要書類をしっかりと揃えて確定申告時に提出しないといけません。
 
スーツやビジネスバッグが特定の支出として認められるには、会社から「仕事に必要な支出である」という旨を証明する証明書を発行してもらわないといけないほか、領収書も必要になってきます。
 
会社によって特定支出控除として何を認めるかは違いがありますから、とにかく色々な領収書を保存しておくとよいでしょう。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top