マネーハッカー! > 保険 > 地震保険 > 保険はスマートに契約…

保険はスマートに契約しよう!地震保険が安くなる割引条件とは?

地震保険 保険
 

地震保険はもっと安くなる

東日本大震災の被害を受けて地震保険を契約したという人も多いですが、これから地震保険を契約するなら知っておいて欲しいのが、各種の割引制度です。
 
割引を知っているかどうかで大きく地震保険の保険料は変わってきますから、しっかりと押さえておきましょう。
 
最初に紹介したい割引制度が耐震診断割引です。特定の耐震基準異常の耐震構造がある建物に住んでいれば、割引の対象になるという制度です。割引率は保険料の1割となっています。
 
他にも建築年割引という割引制度もあります。この建築年割引が当てはまるかどうかの基準は明確で、1981年6月1日以降に建築された物件が当てはまります。これ以後に建築された物件は新耐震基準に沿っていますから、強度的にも強く、割引制度が利用できるのです。割引率はこれも1割になっています。
 
耐震等級割引という制度もありますが、これは耐震等級に応じて割引がされます。級は1から3級まであり、建物年割引、耐震診断割引といったように各種の項目があります。割引率も項目ごとに異なっており、例えば建物年割引であれば割引率は1割です。建築年割引は、改正建築基準法の定める耐震基準を満たす物件に当てはまります。
 

割引制度の目玉!免震建物割引とは?

割引制度を利用するなら免震建築割引は見逃せません。これは免震建築物であることが条件であり、免震技術を使って建てられた物件の場合には当てはまります。割引率は3割であり、かなり大きい割引率になってきます。
 
このように各種の割引制度がありますが、気をつけてほしい点が「割引制度は併用できない」ということです。例えば耐震診断割引と免震建物割引は併用して受けられません。
 
また、割引を受ける際には、建築陶器謄本や耐震基準適合証明書といった書類が必要になります。書類によっては時間がかかるものもありますから、余裕を持って保険契約する数週間前から用意しておくと良いでしょう。
 
 

カテゴリ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top