マネーハッカー! > 所得向上 > 起業/SOHO > 起業したい、けれども…

起業したい、けれどもお金がない…そんな人に知ってほしい各種の助成金制度とは?

起業 所得
 

起業はスマートにはじめよう

起業はいつかはしたいと考えている人でも、起業する際にネックになるのが資金でしょう。特に日本の起業家の共通した弱点はこの資金、つまりファイナンスの点です。
 
日本はアメリカのように気軽に起業家に貸してくれるといったことはありません。どうしても新規参入は難しい社会であり、起業したけれど資金が続かずに廃業したという例は多いのです。
 
そんな資金面で二の足を踏んでいる人に知ってほしいのが、各種の助成金制度です。この記事ではそんな起業を助ける各種助成金制度を知ってもらって、企業に対する希望を抱いてもらいたいものです。
 

起業に利用できる助成金・補助金はいろいろある!

まず紹介したいのがちいさな創業未来補助金です。これは企業を設立する際にかかる弁護士費用、広告費、事務費といった初期費用に対する補助金です。
 
例えば地域需要創造型企業では補助金上限を200万円として、かかった費用の3分の2を支給してくれます。しかし、この補助金は後で補助金額を返済しなければいけないという点は覚えておきましょう。
 
また、従業員の教育をする際に利用できるのがキャリア形成促進助成金です。従業員の教育にかかった費用を半分出してくれるというものであり、起業して規模を拡大したい歳などには良いでしょう。
 

市や村が助成金を提供してくれることも

住んでいる自治体によって色々な起業を支援する制度があります。大半は有利子の貸付という形で支援してくれますが、家賃を支援してくれるといったものもあります。
 
こういった起業支援は東京などが多いですが、UIJターンの一環として起業支援している自治体もあります。このように起業を支援してくれる自治体は全国にいろいろとあるのです。
 
しかし、自治体が提供する起業支援策は特定の業種(林業など)が対象だったり、返済期日が短いこともありますから、しっかりと検討してから利用する事が大事です。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top