マネーハッカー! > 保険 > 自転車保険 > 自転車保険を選ぶ際に…

自転車保険を選ぶ際には何を重視すればいい?知っておきたい自転車保険の選び方

自転車 保険
 

自転車保険は親がしっかり加入させる

 
自転車事故は車が入ってこない歩道でも起こる点が怖いところです。自転車事故で知っておいて欲しいのが、自転車事故を起こすのは学生が多いということです。
 
小学生、中学生、高校生といった年代が最も自転車を多用しますし、通学などで使用する頻度も多いことも、学生が自転車事故を起こす要因になっています。
 
ここで注意しておきたいのが、もしも学生が事故を起こした際には誰が自転車事故で生じた損害賠償を払うのかといった問題です。勿論、学生に支払い能力はありませんから、親が払うことになるのが通例です。
 
だからこそ、子供を守るためにも家計を守るためにも、子供が自転車に乗っているのであれば欠かさずに自転車保険に加入させてあげないといけないのです。
 

自転車保険を選ぶ際の重要ポイント

 
自転車保険では補償額には余り差が無いのですが、その他のサービスで違いが鮮明になってきます。特に自転車保険を選ぶ際に重視したいのが示談交渉サービスです。
 
裁判に持ち込ませないためにも、示談を弁護士にお願いできる示談交渉サービスは必須であり、裁判が紛糾しやすい自転車事故ならではの補償といって良いでしょう。
 
また対人賠償額として1億円以上あると、これまでの自転車事故で賠償責任が生じた際のほとんどのケースに対応できます。そのため自転車保険を選ぶ際には対人賠償額が1億円以上あるものを選ぶと安心できるでしょう。
 

自転車保険は個人賠償保険で代用できる?

 
医療保険と個人賠償保険を組み合わせて自転車事故に対応できると考える人もいますが、これは余り賢い選択とはいえません。
 
確かに医療保険で怪我や事故時の補償はある程度出来ますが、個人賠償保険には示談交渉サービス等が無い点が不十分といえるでしょう。
 
また個人賠償保険は倍賞範囲が不明確で、自転車事故時に本当に補償してくれるかといった確証はありません。その点でも補償してくれる確率が高い自転車保険のほうが魅力的です。
 
 

カテゴリ :
タグ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top