マネーハッカー! > 保険 > 自転車保険 > 自転車事故を起こすと…

自転車事故を起こすと賠償が数千万も!?乗るならつけておきたい自転車保険

自転車 保険
 

自動車保険も保険は大事

自転車のあり方は昨今、急速に変化しつつあります。自転車にも各種法律が適用されるなど、自転車事故の増加とともに規制が強化されています。
 
自転車は車やバイクのような強制力のある自賠責保険がありませんから、自分で自転車に乗る際のリスクに対しては対応していかないといけません。
 
自転車の事故は軽微なものですむと思い込んではいけません。自転車で事故を起こし、高額な損害賠償を請求された、といったような例は枚挙に暇がないくらいなのです。
 
特に通勤で日常的に自転車を利用しているという場合や、趣味でサイクリングをするといった自転車の使用頻度が高い人は欠かさず入っておくべきなのがこうした自転車保険なのです。
 

自動車保険とは?

自転車保険の保険料は月に数百円程度のものが多く気軽に入れるので、払いやすい点も良いでしょう。自転車保険の保障は主に搭乗者保障と損害賠償保障に分けられる点もポイントです。
 
自転車保険の搭乗者保障は自転車に乗る人の怪我を保障するものですが、これは医療保険や生命保険でもある程度代用できます。
 
しかし、医療保険や生命保険では対処できないのが損害賠償が発生した場合の損害賠償保障です。損害賠償は数千万円に及ぶことも少なくありません。損害賠償に備えるためにも自転車保険に入っておく価値はあるといって良いでしょう。
 

TSマーク保険もオススメ

もっと手軽に自転車保険をかける方法もあります。それがTSマーク保険です。これは登録された自転車安全整備店で自転車の整備を受け、自転車が安全であると認可してもらった際に加入できる保険です。
 
赤色、青色等の保険の別がありますが、賠償責任補償額も赤色で5000万円まで対応しているなど、かなり充実しています。また搭乗者保障もつきますから安心できます。
 
余りお財布に余裕が無いという場合にはこのTSマーク保険を活用してみるのも良いでしょう。
 
 

カテゴリ :
タグ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top