「自分の為にする仕事が最も人を幸せにする」という、成功の為の考え方

咲き誇る緑
仕事をする意義を考えたことはありますか? 労働対価を得る為、また日本国民の義務である為勤労は避けられませんが、人生において最も多くの時間を費やすと言っても過言ではない「仕事」というものについて、今回はそこに取り組む姿勢に注目してご紹介します。
 

仕事における成功とは

収入、達成感、仕事で得られるものは多様に有りますが、皆それに対する情熱と、また同時に不満も持っている場合が殆どでしょう。
 
自分の能力を十分に生かすことができ、それに見合った対価が得られ、適度な休息時間をとることができ、人間家計も良好で、福利厚生にも不満が無い…そのような状態を得ることができれば、仕事における幸せの大半を手にしている状態といっても過言ではないのではないでしょうか。
 

何の為の仕事か

では、その仕事とは一体誰の為にしているのでしょうか。社会をよくする為、両親の為、愛する家族を支えるため等色々ありますが、一番仕事を成功に導くのは「自分の為にしている」という意識だと言えるでしょう。自分の成長の為、自分の勉強の為、自分の生活を潤す為、といった具合にです。
 
目的を見失いがちな時は、その目的を自分により近い何かに引き寄せて考えるとよいのです。そうすると、自然と仕事に対するモチベーションも上がってきます。
 
例えば「社会を良くする為」ということは、「社会を良くして人々が快適に暮らしている様子を自分が見たいと思う為」と置き換えることが可能です。自分に引き寄せることで、その目的がより身近で実感を伴うものになるのです。
 

目標や願望はどんどん口にしていこう

そうして明確にした仕事での目標や願望は、どんどん口に出すことが大切です。自分の望まないこと(悪口や不満)を口にしてばかりの人は、所謂「棘」を放ち続けているようなものであり、周囲の人には敬遠されて結局色々なことを話してもらえなくなります。
 
逆に、常に目標や願望を口にしている人は、周囲からいつの間にか手を差し伸べられて行くことになるでしょう。自分の為に、自分のしたい事を、貪欲に要求していきましょう。それが仕事における成功への近道なのです。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top