マネーハッカー! > 節約方法 > 住居費節約 > 東京で賃貸不動産選び…

東京で賃貸不動産選びをする際に損をしない為には?大切な3つの姿勢

賃貸
地方から東京に引っ越してくる人、元々東京に住んでいて新しく物件を探す人等、東京での賃貸不動産選びの悩みは尽きません。費用を抑えて効率よく選ぶ為の方法を、今回はご紹介します。
 

要望に優先順位を付けよう

不動産を取り扱うサイトはいくつもありますが、基本的には複数のサイトで物件を検索することが必須となるでしょう。
 
まずは物件の条件として挙げる要望に優先順位をつけ、厳しいものから調べてゆきます。条件を同じにしたまま複数サイトでの検索を行ってみましょう。いくつかのサイトで該当する物件が異なるので、値段やほかの条件を考慮しつつメモをとり、合うものをピックアップしてゆきます。
 
厳しい条件で見つからなければ、一つずつ優先順位の低いものから削って再度検索します。どの要素が該当物件件数を減らしているのかを知ることもでき、それを知ることで優先順位も変化します。検索した物件は条件ごとに纏め、優先度の高いものからランク付けしておくと、いざ内見するときに困りません。
 

時期を考慮しよう

物件選びにおいて、入居時期は大変重要です。同じ物件であっても相場が高騰している場合は高くなり、逆もまた然りです。また、多くの大学生が新居を決定する年末~春先には、どの物件も争奪戦になります。前日には残っていたものが翌朝には決められており、取りこぼしてしまうといったこともあります。
 
それらの時期を経て残った物件は数も少なく、条件に見合う数も用意されていない場合も多いのです。なるべく早めに、長期の期間を選定に充てられるようスケジュールを調整して物件選びに取り組みましょう。
 

生の声を聞いてみよう

実際に住むことを考えると、住み心地を知ることも非常に大切です。この「住み心地」には様々なものが含まれますが、「自分にとって」住みやすい街であるかという実質的な部分であるため、事前に調べておいた条件と照らし合わせるだけでなく、いざ内見の際に気になることは目で見て歩いて確かめておくようにしましょう。
 
物件だけでなく、その周りの飲食店、コンビニエンスストア等に立ち寄ってみるのも一つのステップです。また、もし付近に友人が住んでいる場合、実際にそこに居を構えている者としての意見や感想を必ず聞いておくようにしましょう。
 
 

カテゴリ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top