美しい環境にしかお金は集まらない?!風水に学ぶ、お金との付き合い方

環境
風水というと、占いやまじないの一種というイメージが強く、現実的、合理的にお金を増やすことを考える人にとっては多少「胡散臭く」感じられるものかもしれません。
 
しかし、その考え方の基には、お金の扱いを含めた、より賢く生活する意識が隠れているのです。
 

そもそも「風水」って?

 
風水とは、古来より中国において発達してきた「風や水を意識することでより良い環境を手に入れ、“気“の流れを正しく導く、所謂「環境整備学」の一種です。この”気”は酷く曖昧なようで、我々日本人の心の奥には深く根付いている概念です。そもそも「ハレ」や「ケ」といった生活のメリハリによって活性化しようとしているものでもあります。
 
風水において、お金の流れをよくするとは、お金とうまく付き合ってゆく環境を整備することに他なりません。この「環境整備」がいずれの段階であるにしろ、ただ闇雲にお金をかき集めるのではなく、自身の姿勢からそれらを受け入れられるようにしようという、至極理にかなった考え方なのです。
 

抑えるべきポイントはこれ!

 
お金を取り巻く環境で大切なのは、主に「1.美しく整備されていること」「2.大切なものを美しく保管できる状態であること」「3.使用が手軽で容易であること」です。お気づきかもしれませんが、これらのポイントは、何もお金に限ったことではないのです。
 
例えば部屋を使いやすくしようとする場合、これらのポイントを取り入れて整理整頓すれば目的は達成されることでしょう。こちらの記事にもあるように玄関の靴箱の配置、仕事用の鞄の中身等、様々なものに当てはめて、その環境を最適にするポイントでもあるのです。
 

風水で良いとされている「長財布」

 
先に述べたような意味で、長財布は大変風水面での利用価値が高いということになります。折り畳みの財布よりもかさばることなく、またお札を折り曲げなくとも常に美しい状態で保管しておくことができ、取り出す時にも形が崩れていない為、容易に取り出しやすいのです。
 
こちらの記事でもご紹介したように、他にも「色はイエロー系」「カード類は入れすぎない」「レシートは溜めない」等、機能を考えれば当然ということのできる内容が挙げられます。
 
色に関しては、使う方の色に対するイメージ(赤は炎、青は水、黄色は金)等に直結する為、イメージの合うものを選ぶと当然黄色となるでしょう。
 
このように、風水から環境をより良くする術を知ることで、お金の流れだけでなく、より良い生活の流れを作ることができるでしょう。
 
 

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top