マネーハッカー! > 節約方法 > 住宅購入費節約 > リフォームするなら今…

リフォームするなら今!省エネ住宅ポイント活用法

エコ住宅
 
そろそろリフォームを考えている方に是非知って欲しいのが、今こそ1番お得にリフォームが出来るタイミングだということです。なぜなら、2016年3月31日(木)までに「エコリフォーム」を行うと、省エネ住宅ポイントが手に入る期間なんです!
 
では、エコリフォームとは具体的に何か、また省エネ住宅ポイントとはいったい何なのかを説明します。

省エネ住宅ポイント制度って?

省エネ住宅ポイント制度は、省エネ住宅の新築や、エコリフォームの普及を目的としたポイント制度です。省エネ住宅を建てたり購入した時や、エコリフォームを行った際にポイントが発行されます。
 
このポイントは商品券や旅行券などに交換でき、工事に対して新築なら30万ポイント、エコリフォームなら最大30万ポイント(耐震工事もする場合は45万ポイント)が付与されます。旅行券や商品券は、1ポイント1円として交換することができるので、リフォームをすることで最大30万円が還元されると言っても過言ではないでしょう。

エコリフォームって何?

エコリフォームとは、省エネ設備を設置する工事や、耐震工事断熱改修などを含んだリフォームのことです。エコリフォームの対象になる工事と同時に行う他のリフォームも、省エネ住宅ポイント制度の対象にすることができます。
 
具体的に対象となるのは窓や、外壁、屋根、天井の断熱改修と、エコ住宅設備の設置です。エコ住宅設備とは、主に「太陽熱利用システム」「節水型トイレ」「高断熱浴槽」「高効率給湯器」「節湯水栓」のことで、この中の3つ以上を設置すると省エネ住宅ポイント制度の対象になります。
 
もちろんこの設備自体が省エネなだけあって、継続的に光熱費を減らすこともできます。

なぜ今、エコリフォームなのか

では、なぜ今、このタイミングでのエコリフォームがオススメなのか。それは、省エネ住宅ポイント制度の終了期限が迫っているためです。
 
この制度を適用することができるのは2014年12月27日(土)以降に工事請負契約が結ばれたもので、かつ2016年3月31日(木)までに工事が着手される必要があります。そして、ポイントの交換期限が来年度の2016年1月15日(金)に迫っているのです。
 
じゃあ、今からやっても間に合わないのでは?と思うでしょう。ここからが重要なのですが、エコリフォームに限っては1000万以上かかる工事であれば、完了前でもポイントを発行してもらうことが可能なのです。
 
エコ住宅設備を設置すれば、バリアフリーのためのリフォームなどもポイントの対象になりますから、大幅なリフォームを考えているのであれば今が省エネ住宅ポイントをもらう最後のチャンス。元々リフォームの予定があるのなら、思い切って今すぐリフォームを実行してみてはいかがですか?
 
 
Source:省エネ住宅ポイント

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top