マネーハッカー! > 保険 > ペット保険 > 大事な家族の一員だか…

大事な家族の一員だからこそ、知っておきたいペット保険

ペット保険
人が病気や怪我をして治療を受けた場合は、保険証を提示することで自己負担額を軽減できます。しかし、ペットの病気や怪我、入院や手術費用は、全額自己負担なのです。
 
動物だし、人と比べたらたいしたことないでしょ……という認識は間違いで、10万円以上かかる入院や手術も珍しくありません。急にそんなお金払えない!どうしよう!ということにもならないために、ペット保険の加入を検討してみましょう。
 

ペット保険に入るのは早いほうが良い

ペット保険の加入には、人間が入る保険と同様に様々な条件があります。そして、その条件を満たしていない場合は、残念ですがそのペット保険には加入できません。
 
まず、年齢です。これは保険会社によって上限が変わります。一般的に高齢になればなるほど、保険へ加入するハードルが高くなります。
 
次に健康状態です。疾病歴や現在治療中の怪我や病気がある場合、先天性の疾患がある場合などは、審査に通らない場合があります。
 
これらのリスクはペットの年齢があがればあがるほど高くなるため、先の年齢制限と併せて考えても、できるだけ早いうちにペット保険に入るのがポイントです。
 

ペット保険の対象になるペットは?

多くのペット保険では、犬用と猫用の保険が用意されています。犬と猫のみが保険対象、というペット保険も多いです。
 
しかし、なかには、うさぎ、フェレット、ハムスター、鳥類や爬虫類の一部も保険対象になっているものもあります。犬や猫以外のペットを飼っている場合は、まず自分の飼っているペットが対象になっている保険を探すことからはじめましょう。
 

どのくらいの保証があるの?

保険会社や、加入しているペット保険のプランによって、保証内容や保険料は変わります。多くの保険が、対象内の医療費の50%ないし70%を保険金として支払います。
 
細かいシステムは会社ごとに違いますが、ほとんどが限度額や回数制限があります。たとえば「手術は年間2回まで」や「1日最高14,000円まで」というような限度が設けられています。
 

免責事項に注意しよう

ペット保険の保険選びは簡単ではありません。保険会社によってサービス内容や特約が違ったり、加入の条件や支払いの上限なども変わってきますが、最大のポイントは免責事項です。
 
免責事項とは、「こういうケースでは保険料は払われません」というような約束事です。この内容は、保険によって大きく異なるのです。
 
たとえば、先天性疾患に対して保険金が出ないケースもあれば、保険の加入後に発覚した場合は制限付きで対象になるケースもあります。妊娠や出産に関する費用も、全く出ない場合もあれば、一部出る場合もあります。
 
必要なときに保険金がおりない!という自体は避けたいですから、免責事項はよく調べて選ぶ必要があります。分からないことは問い合わせて質問し、万全の体制で加入するようにしましょう。
 
 

カテゴリ :
タグ :

この記事をシェアする

Copyright(c) マネーハッカー! All Rights Reserved.
Top